税務サポート


税務会計顧問

申告書の作成から記帳代行まで何でもお任せください。

税務顧問の分野では、主に「法人税」「所得税」「消費税」「事業税」「都道府県税」「市町村民税」などの科目について、申告書の作成および税務調査の立ち会いを行っております。また、上記の税目については税務相談や助言なども積極的に行います。

会計顧問の分野では、財務諸表の作成、会計帳簿の記帳、その他の財務・経営指導に関する資料作成に加え、これらに係る指導および相談も承ります。

記帳代行については、月次試算表の作成(顧問先の水準により個別的対応を行います)や総勘定元帳の記帳、パソコン会計ソフトの導入の検討、導入後の対応サービスについても行っております。

このほか、月次の監査や給与計算・年末調整といった税理士業務にはすべて対応いたしておりますので、お気軽にご相談ください。

申告書の作成から記帳代行まで何でもお任せください。

税務調査が入ったとき、税理士は何をしてくれるでしょうか。ただ立っているだけなら誰でもできますし、一生懸命対応してくれるというだけでは意味がありません。

この点、当事務所のグループ会社所長である板倉安秀税理士は、関東信越国税局調査査察部特別国税査察官としての実績があり、税務調査の「いろは」を習熟しています。また、パートナー税理士にも同様に実績を持つ税理士が多く、様々な案件での対応が充実しているうえ、税法上の解釈について、合理的かつ論理的な主張を構成しうる組織体制も構築しています。

当事務所の役割は、第一にお客様の不安を解消すること、そして、税務署の主張をただ鵜呑みにするのではなく、納税者の立場に立って正当な権利を主張し、適正な税負担にとどめることで、会社の経営に対する税の圧迫を最小限に抑えることだと考えています。

「税務調査が入ったけれど顧問税理士さんでは少し頼りない」とお悩みのとき、あるいは「より充実した布陣で税務調査に臨みたい」とお考えのときは、まず当事務所にご連絡ください。